スポンサーリンク

画像・動画共有サイトをマーケティングに活用する方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

近年はYoutubeやInstagramを始め、動画や画像を手軽に共有できるサイトが多数あります。特に若者を中心に国境を超えて広く流行を見せています。こうした画像・動画共有サイトをマーケティングに活用している企業も多くいることをご存知でしょうか?

視覚に訴える気軽なマーケティング手段として有望

多くの企業が画像・動画共有サイトに注目しているのは「ビジュアルで訴えかけるマーケティングができるから」です。これは今までのWebマーケティングにおいてはあまりない要素でした。今までも画像や動画をマーケティングに活用する方法はありました。しかし、たとえば「通信教育の無料トライアルビデオを希望者に送付する」といったような方法しかなく、手段が限られていたのです。そうした方法は当然希望者にとってもハードルが高いものであり、気軽に利用できませんでした。

ところが、こうした状況は画像・動画共有サイトの普及により一変しました。今や一個人が簡単に画像や動画を不特定多数に公開できる時代となったのです。閲覧する側も、ただURLを開けばいいだけなので、通常のブログ記事やニュースを見るのと同じような感覚で広告を見せることが可能になりました。

現在よく使われている画像・動画共有サイトを活用したマーケティングの具体例をいくつかご紹介しましょう。

  • 新商品・サービスの使い方をレクチャーする
  • イベントの様子を撮影し公開する
  • 画像・動画を利用してコンテンツマーケティングを行う

新しい家電製品や美容製品などが出たとき、現代では画像や動画で使っている様子を簡単に確認できます。あれこそがまさに画像・動画共有サイトを活用したマーケティングの典型的な例といえるでしょう。

また、商品やサービスを直接紹介するのではなく、販促イベントや関連業界のセミナーなど、関連する出来事を見せることで間接的にマーケティングを行うこともできます。

間接的なマーケティングといえば、ブログ記事やニュースといった「読み物」を撒き餌として使い、見込み客を呼び寄せる「コンテンツマーケティング」という手法が有名です。しかし、何もコンテンツは読み物だけではありません。たとえば企業のマスコットキャラクターの画像や動画などを「コンテンツ」として用いれば、それは立派なコンテンツマーケティングです。

以上が基本的な画像・動画共有サイトを活用したマーケティングのアイデアです。最後にもう一度振り返っておきましょう。

  • 画像・動画共有サイトは「視覚に訴えるマーケティング」を行う方法である
  • 誰でも容易に画像・動画を使ったマーケティングができる
  • 画像・動画をコンテンツとして使うことも可能

画像・動画共有サイトは非常に高いポテンシャルを秘めているといえますが、まだ登場して間もないものなので世の中の企業は上手な使い方を模索している段階です。他社に先んじるためには今のうちから挑戦し、ノウハウを蓄積しておく必要があるかもしれません。

スポンサーリンク
noteでも記事を公開しています(有料含む)

noteの記事はこちら

note(外部サイト)でも記事を公開しています。一部の記事は有料になっており、閲覧にはnoteへの登録と支払いが必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク