スポンサーリンク

SNSを活用したWebマーケティングの方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)は、今や一般的なものとなりました。日常生活でネットを使っている人の多くは、FacebookやTwitterなどを普段から使っていることでしょう。

実はSNSはマーケティングにおいても役立つものです。今回はSNSをマーケティングに活用するとどのような使い方ができるのか、いくつかアイデアをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ビジネス上の知り合いに、気軽に情報発信できる

ビジネスの場面でSNSが使われることは、決して珍しいことではありません。もちろん業界により普及の度合いは様々ですが、たとえばネットリテラシーが高いIT業界などでは、Facebookアカウントがビジネス名刺の代わりに使われることもあります。

こうした流れは、個人のSNSアカウントを中心として、その人に関係するビジネスの人脈が広がっていくことも意味しています。そうであるなら、「SNSからビジネスに関わる情報発信を行い、新たなビジネスチャンスを作る」こともできるはずです。

ニュースを伝えるのが主な使い方

理屈の上では、SNSをマーケティングに活用することができるはずですが、具体的にどのような使い方があるのかいくつか例を上げてご紹介することにしましょう。

  • 新規イベントの開催をSNSで通知する
  • 新商品・サービスの提供開始をSNSで通知する
  • オウンドメディアの新規記事投稿をSNSで通知する

このように、基本的には何か自社に関わるニュースをSNSで通知するというのが、マーケティングにおけるSNSの基本的な活用法になります。通知する対象が変わるだけなので、情報発信のアイデア自体は立てやすいと思います。

手軽に使えて思わぬ口コミを呼ぶこともある

SNSを利用したマーケティングには次のようなメリットがあります。

  • 「バズられる」ことにより、多方面への拡散が期待できる
  • 情報を見る相手をある程度予測できる
  • 任意のタイミングで情報発信が可能

「バズる(られる)」というのは、「口コミが爆発的に広がる」という意味のネット用語です。SNSによるバズを狙って生じさせることは難しいものの、「いつでも起こりうる」という意味からすればあえてSNSを使うメリットになります。

SNSの場合、Twitterのフォロワーなどのように定期的に情報を見ている人はある程度特定が可能です。そのため、「いつも見ている人にはこういう情報がウケが良いだろう」といったことを予測して情報提供を行うことができます。

そして、いつ情報を提供するかはかなり自由に決めることが可能です。オウンドメディアなどとは異なり、SNSの情報発信は短いメッセージで気軽に行うこともできるので準備にさほど時間をかけずスピーディーに情報通知を行うことができます。

SNSをマーケティングに活用してライバルに差をつけよう

SNSをマーケティングで活用する方法をまとめると、以下のようになります。

  • SNSでは、最新情報の通知が主な使い方になる
  • 口コミなど、副次的な拡散で効果があがることもある
  • 気軽に使えて融通が効く手法である

SNSはまだ新しいものなので、多くの企業がまだ手探りで活用法を模索している状態です。早めに使い始め、慣れておくことによって今後のデジタルマーケティングをリードしていける可能性を秘めています。

スポンサーリンク
noteでも記事を公開しています(有料含む)

noteの記事はこちら

note(外部サイト)でも記事を公開しています。一部の記事は有料になっており、閲覧にはnoteへの登録と支払いが必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク