スポンサーリンク

Vtuber最協決定戦まとめ(3)第2試合の見どころ紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

2018年10月20日に行われた「Vtuber最協決定戦」。第1試合は「Blue Destiny」の勝利に終わりました。しかし、大会は3試合の合計得点で競われるため、続いて第2試合が行われます。この記事では2試合目の見どころをご紹介します。

スポンサーリンク

第2試合開始

第1試合の結果、ドン勝(1位)を獲得した「Blue Destiny」が暫定トップとなります。

引用元:【PUBG】VTuber最協決定戦メイン会場

本放送(2:23:15~2:58:30 約35分)

第2試合の見どころまとめ

航路の真下が穴場

渋谷ハル:航路あれですね。どこにでも行ける航路といいますか。

SUMOMOXqX:そうですね。割と固まってるんじゃないですかね。こういうときにありがちなのが、意外と航路の真下に全然人いないんですよ。

すももさんの指摘どおり、RozhokやSchoolなど、航路の直下に位置する物資が豊富な位置はほとんどのチームが敬遠し、周辺の地域にバラける形からスタートしました。

引用元:【PUBG】VTuber最協決定戦メイン会場

武器を持たずに生き残りを図る「持たざる者」

本放送(2:27:15~2:28:40 約1分)

静かに物資収集が進む序盤の中、異彩を放っていたのが「持たざる者」チームでした。武器をまったく持たず、静かに地形の中に潜むことで生き残りを図るスタイルで、第1試合では5位にランクインしています。大会のルールでは敵をキルすることで得られるポイントを獲得できませんが、戦闘というリスクを負わなくて済むというメリットもあります。果たして彼らはどこまで生き残れるのでしょうか?本放送ではこのとき、ボートに乗る熊川さんがピックアップされています。

同じく特色のあるチームとして、あえて4人が別々に行動する「四者四様」もあります。

環右金、物資を獲得

本放送(2:29:40~2:32:16 約2分)

PUBGでは、ときどきランダムに飛んでくる飛行機が、落ちているものよりもいい物資が入っている「救援物資」を落とす場合があります。今回は「しらたまあねれーじ」の環右金(タマキン)さんが救援物資を獲得しました。

渋谷ハル:先ほど環右金選手「しらたまあねれーじ」、M249だったみたいですね、救援物資拾ったところ。どうですかM249?

SUMOMOXqX:僕は好きなんですけど、人によっては好みの分かれる(武器です)。弾速もじつは早くて、遠くの敵にもはそこそこあたりはするんですけど、ただ単発撃ちっていうモードがなくフルオートでしか撃つことができないので。5発以上撃つと撃つとき反動ですごい跳ね上がるんで。初心者向けの銃ではないです。

解説のすももさんは、物資をとれたことだけでなく、ほかのチームが多くいる場所から離れ早めに安全地帯のそばに移動できたことの重要性を指摘しています。

SUMOMOXqX:実際に早めに移動してYasnayaから退却できたので、そのおかげで物資もとれたんで、こういう動きで自分たちのチームの運命が変わりますね。

ユキミお姉ちゃん視点(2:04:20~2:07:21 約3分)

環右金:ん~M249だったわ。

アベレージ:お、いいじゃないですか。

リアクションを見る限り、環右金さん自身もM249をあまり「アタリ」だとは考えていないようです。その後はチーム内で物資を交換しあい、車を2台確保して移動しています。PUBGの序盤ではよくある光景ですが、元々いたYasnaya周辺を早く移動した彼らと、残ったほかのチームがその後どんな運命をたどったのか見ていくと、解説のすももさんが指摘したとおり、運命を決定づける行動だったのかもしれません。

西側に偏る安全地帯

本放送(2:32:54~2:39:08 約7分)

「しらたまあねレージ」に続くように、「ゲーマーズ」も安全地帯がある西側に移動を開始します。次の安全地帯がさらに進行方向側(西)に寄ったため、「ゲーマーズ」はその後一時進行を停止。自分たちの後ろ(東)からくる敵を狙う戦術に出ました。続けざまに安全地帯が西側に寄ったことで、東側に残っていたチームは苦戦を強いられることになります。

叶視点(01:39:13~01:46:49 約7分)

回線の不調から赤羽葉子さんを欠く「ゲーマーズ」。途中、建物内にこもる「乱鬼流」と戦闘になりますが、電磁パルスが迫ってきている状態では常に戦闘よりも移動を優先しています。

葛葉:Yasnaya通る?

叶:Yasnaya通んないほうがいいかもね。ちょっと怖い。

葛葉:・・・敵いた!340!

叶:無視無視無視無視・・・。

フェーズ3に入り、リーダーの叶さんは勝負に出ました。安全地帯中央の山まで一気に移動し、有利なポジションを確保することに成功したのです。

紡絆にあ視点(01:34:00~01:40:43 約6分)

問題のマップ東側にあるYasnaya周辺にいた「IRIAM」。そばにいた「カガスタ」と互いに牽制しあい、電磁パルスが迫るギリギリまで移動できませんでした。最後はバイクを全速力で走らせますが・・・。

(画像をクリックで該当シーンのURLに飛びます)

引用元:【VTuber最協決定戦】IRIAM PUBG部サイド配信【PUBG】

↑リンククリック→ポップアップした画面をクリック→「この動画は YouTube でご覧ください。」で再生できます。

日ノ隈らん視点(01:54:43~02:00:30 約6分)

ゲーマーズに行く手を遮られ、移動手段の車を叶さんに潰されてしまいます。ここで日ノ隈らんさん、皆守ひいろさんが犠牲に。

アキ・ローゼンタール視点(02:05:10~02:10:52 約5分)

「格差社会の縮図」アキ・ローゼンタールさんと夢川かなうさんはバギーで移動中、日ノ隈らんさんの銃撃を受けます。そこは難なく切り抜けたものの、回復アイテムが限られる中、バギーが建物に激突。2人揃ってリタイアとなります。

残る鞍馬つむぎさん、癒月ちょこさんもやはり2人乗りのバギーを銃撃され、最後は爆発四散。チーム揃って派手な退場の仕方となりました。

夢川かなう:そろそろ範囲以外で死にたいんじゃが・・・。戦場に行こう次は!わらわたちPUBGの楽しみ方を間違っておる気がする!

SUMOMOXqX:Yasnayaって、車の湧きポイントが少ないんですよ。それと今おそらく車を取られてしまったので、移動がちょっと困難になったと。

早めに車を調達し移動を開始した「しらたまあねれーじ」、「ゲーマーズ」らは、早めに安全地帯の内側に移動でき、外に残された「IRIAM」、「乱鬼流」、「格差社会の縮図」らは全滅、または大きな痛手を被る結果に終わりました。

全チームが山を取り囲む展開に

本放送(2:39:08~2:42:42 約3分)

将来の安全地帯の中心が山になる可能性が高まり、生き残った全チームが山に向かって近づいてきます。フェーズ3~4に差し掛かる中、70名近くが生き残り、不意の遭遇から散発的な戦闘に至る機会が徐々に増えてきました。

・「ばぶみMAXEND GODDESS(BMGD)」山周辺の建物を占領。渋谷ハジメが「暗殺者」歌衣メイカを、あさひが「乱鬼流」白雪レイドを撃破。
・「乱鬼流」唯一の生き残り、隻翼フィナが山頂付近に到達
・「おだのぶキス部」登頂を試みるもゲーマーズと遭遇。地形的な不利を悟って撤退。

・「HybridNotes」Rおじちゃん、「天王神マスターズ」ふくやマスターを撃破。横井bit子、「持たざる者」ディープブリザードを撃破。

Rおじちゃん視点(02:47 :40~02:48:42 約1分)

Rおじちゃん:はいワンキル!

有頂 天:ふくやマスターじゃん!

Rおじちゃん:ふくやマスターwwwww(一同爆笑)

青猫えいむ、1人で1パーティーを全滅

本放送(2:43:05~2:43:56 約1分)

山周辺の建物に潜んでいたカガスタの元に、「かがちゃむ」青猫えいむさんが忍び寄ります。

青猫えいむ視点(01:13:20~01:15:51 約2分)

「かがちゃむ」もまた、山の麓に近づくタイミングを伺っていました。山に向かって乗り物を走らせるほかのチームを撃ち続けたのち、範囲外にいた敵はおおよそ移動しきったと判断したのか、「カガスタ」が潜む山付近の建物に向かって移動します。

青猫えいむ:いるわ!中4人いる!でも、ここやらなもうあれやで安地的に。

丑牡てぃあ視点(01:54:10~01:54:52 約1分)

「カガスタ」視点から見るとまさに一瞬の出来事です。

ほかのチームが極力戦闘を回避しつつ有利なポジションを確保しようと模索するなか、真正面から勝負して、しかも一人の実力で建物を確保した「かがちゃむ」青猫えいむさんの実力はまさに前評判どおりずば抜けたものだったと言えるでしょう。

全員参加の山岳戦に突入

本放送(2:44:19~2:49:24 約5分)

安全地帯はさらに狭まり、徐々に山の周辺に潜伏するのも困難になってきました。身を潜めていた生き残りチームはこぞって山頂に向かい、壮絶な山岳戦に突入します。

渋谷ハル:このあたりかなり込み入ってますね。

SUMOMOXqX:山最終エリアだと相当脇から最終的にどんどん出てきますよこれ。

SUMOMOXqX:山の真ん中とってくるほうが強くなってくるんですけども。今度は逆にスナイパー武器だと、近くに接敵しやすい状況になってきましたので、辛くなってくるところもあるんですよ。なのでこうなってくるとARとか、近距離武器のSMGとかが(強くなってくる)

あさひ視点(02:30:40~02:37:32 約7分)

「BMGD」は、山付近の建物から車に乗ってまっすぐ山を駆け上り尾根に移動。「暗殺者」、「オッパゲ淫魔王」らと戦い、いくつかのキルを奪います。その後は、山に集まるほかのチームの射線が通るのを避けるため、あえて再び下山することに。

つくね熱くね視点(02:38:24~02:43:45 約6分)

「暗殺者」は、最後に生き残ったつくね熱くねさんが「BMGD」の背後をとりますが、あちらは数の上で完全に有利なためうかつに手が出せません。しばらくは忍者のように追跡を続けていましたが、電磁パルスに背中を追われ渋谷ハジメさんに仕留められてしまいました。

ユキミお姉ちゃん視点(02:14:26~02:26:05 約10分)

「しらたまあねれーじ」は山の麓に向かう途中、「紅葉杏虎」と戦闘になり、ユキミお姉ちゃんが一度ダウンを奪われるものの、徒歩で山の中腹まで移動することに成功しました。途中、救援物資が山肌を滑りを落ちていく様を横目に見ながら、隻翼フィナさんの亡骸を漁って物資を補充します。

しかし、彼らの前方には「BMGD」がいるため、それ以上の進行は困難でした。後方からは「紅葉杏虎」が迫り、上下から挟み撃ちされる格好に。安全な場所を求めてさまよいながら、最後は崖下に落下させられてしまいます。

ゆる杏子視点(02:35:25~02:38:30 約3分)

次の安全地帯の中心が山側に確定。現状の位置からでは不利になると覚った「紅葉杏虎」は、
少しでも生き残り順位を上げるためにあえて登頂を諦め、山の麓から敵チームの背後を狙う作戦に出ます。

麓へ移動したところ、M249を有する環右金さんら、「しらたまあねれーじ」の銃撃にさらされ脱落となりました。

偶然の出会いが潰し合いを生む

本放送(2:49:19~2:54:50 約5分)

山上の限られたスペースの中で生き残りをかけた戦いは熾烈さを増していきます。

あっくん大魔王視点(2:40:08~02:47:01 約7分)

山の麓にたどり着きますが、oddaiさん、あっくん大魔王さん、パゲ美さんの順番で力尽き、1人残された万楽えねさんが、山腹での生き残りを図りますが・・・。

マール視点(02:09:10~02:18:41 約9分)

「M4Girls」と「ゲーマーズ」は、最も早く山上を確保していたチームです。ほかのチームに比べれば有利な位置にありましたが、これらの2チームもお互いに接触して激しい戦いを繰り広げます。

栗山やんみさんが最初にゲーマーズと接触。ひとりで本間ひまわりさん、葛葉さんを破るものの・・・。

栗山やんみ:あっ!やばい近くいた!叶くんだから気をつけて!

(画像をクリックで元動画の指定範囲に飛びます)

スモークから姿を表した叶さんとの打ち合い

引用元:【M4Girls】総合4位!!最協決定戦マール視点!【新人Vtuber】

↑リンククリック→ポップアップした画面をクリック→「この動画は YouTube でご覧ください。」で再生できます。

叶視点(01:50:09~02:01:37 約11分)

「ゲーマーズ」は、大会前から「要注意チーム」と注目していた「かがちゃむ」の動向を特別に警戒していました。

葛葉:青猫えいむ!青猫えいむの位置わかった!・・・青猫えいむ「さん」・・・。

「おだのぶキス部」との戦闘をはさみつつ、麓に近づいてきた「かがちゃむ」と肉薄。山上から背後に近づいてきた「M4girls」と接触したのはそのときでした。

叶:これきっついなぁ。早めに(山上を)切って下行ったらよかったね。

ここまで生き残っていることからも分かる通り、「M4Girls」もまた強豪であり、戦闘で本間ひまわりさん、葛葉さんを失います。1人で「M4Girls」全員を倒し、大いに視聴者を沸かせた叶さんでしたが、次の安全地帯が「かがちゃむ」がいる麓側に寄ってしまった上に人数的にも不利になってしまったためか沸き返る周囲に対して本人は言葉少なでした。

「かがちゃむ」の元に集まる各チーム

本放送(2:54:48~2:59:18 約5分)

残る人数は10人となり、いよいよ決着のときが近づいてきました。最後の安全地帯は今までの主戦場であった山から、「かがちゃむ」が陣取る麓側に移ります。

渋谷ハル:青猫えいむ選手が止まらない!

SUMOMOXqX:これ17キルって書いてないですか?

渋谷ハル:これ19になりますね何なら。

サムズ・ボボ、オボロリュウ視点(ディープブリザード放送より 02:50:40~02:56:55 約6分)

武器を一切持たずに生き残りを目指す「持たざる者」。オボロリュウさんは電磁パルスの縁に沿って移動し、サムズ・ボボさんはほかのチームが使ったスモークグレネードの中に隠れるなど、まさに生き残るためにあらゆる手段を駆使します。

オボロリュウ:目の前にいる!目の前にいる!目の前にいる!・・・

 

サムズ・ボボ:護身完成!

引用元:PUBG Vtuber最協決定戦【持たざる者チーム視点】

↑リンククリック→ポップアップした画面をクリック→「この動画は YouTube でご覧ください。」で再生できます。

神楽めあ視点(2:00:43~2:05:35 約5分)

ラスト10人には入っていませんが、「かがちゃむ」」と激戦を繰り広げた「BMGD」も合わせてご紹介します。一度山上に登ったものの、再び麓に降りてきた「BMGD」の前に「かがちゃむ」がその姿を表します。山上からは「ゲーマーズ」叶さんに狙われ、「持たざる者」を倒してキルポイントを稼ぐ余裕もありません。

神楽めあさんが幡多乃ちゃろさんを確定キルし、1戦目を再現するかのごとく青猫えいむさんのダウンを奪うものの、味方を次々に落とされていき退場となりました。しかし、渋谷ハジメさん、神楽めあさんが3キル、あさひさんが2キル、稲荷くろむさんが1キルで合計9キルと、大きくキルポイントを稼ぐことに成功します。

叶視点(02:01:40~02:04:19 約3分)

複数のスモークグレネードを駆使して「かがちゃむ」に挑みますが、数的な不利はいかんともしがたく、サムズ・ボボさんを倒してキルポイントを獲得したものの健闘もここまで。

海夜叉神視点(02:51:14~02:57:31 約6分)

降下したチームの少ないマップの北側いた「Blue Destiny」は、終盤までほとんど近接戦闘をせずに済んだため、4人生存したまま終盤を迎えることができました。中盤では「ホロライブ」を撃破した後、北側の麓に到着。その後、車に乗って「かがちゃむ」が待つ最終安全地帯の付近に移動します。

ゆきんこ:あいつMini2、3発当てたのに死なねえぞ?

流川ルカ:自分もKar1発当ててるからだいぶ・・・回復中ですね。最低2人はいますね。

海夜叉神:うわぁうまい!えげつな!あっぶな!よく私生きてた・・・。相手めちゃくちゃうまいですよこのチーム。

メンバーは相手チーム(かがちゃむ)の腕前に対し、口々に驚きの声を漏らしました。数の上では互角以上、ダウンを奪った直後ということもあり、車で一気に距離を詰めますが、待ち受けていたのはこの時点で本大会最多キルの記録を更新し続けている青猫えいむさんでした。

青猫えいむ視点(01:19:37~01:30:38 約11分)

「カガスタ」を葬った後、「かがちゃむ」青猫えいむさんはあえて安全地帯の中央に位置する山の上に登らないことを選びます。

青猫えいむ:山上あれ、この辺ににじさんじ(BMGD、Blue Destiny、ゲーマーズ)居そうだなぁ正直。にじさんじ今回めっちゃキルしてるなぁ。強いな。

強敵と目されるにじさんじメンバー所属の3チームとの遭遇を避けるために、あえて麓で戦うことを選んだのです。

青猫えいむ:まあこの辺全部(山下の東側)空いてるし、最悪この辺で耐えればいいし。

この読みどおり、「かがちゃむ」はこの後、「BMGD」、「ゲーマーズ」、「Blue Destiny」の3チームと続けて戦うことになりました。まず山の麓で「BMGD」と遭遇。1戦目に続いてまたしても青猫えいむさんが神楽めあさんからダウンを奪われるものの、これを撃破します。

続いて「M4Girls」との戦闘で叶さんただ1人となった「ゲーマーズ」、そして「Blue Destiny」との戦闘に突入。叶さんと「Blue Destiny」4人全員を青猫えいむさんがキルし、勝利をもぎ取りました。

ドン勝インタビュー

本放送(03:02:20~03:08:33)

(以下リンク先の記事に続きます)

Vtuber最協決定戦まとめ(4)最終・第3試合の見どころ紹介
2018年10月20日に行われた「Vtuber最協決定戦」の見どころをご紹介する記事の4番目は、最後の戦いとなる第3試合の様子をお届けします。第2試合は「かがちゃむ」の勝利となりましたが、第1試合でドン勝をとった「Blue Destiny」...

(オープニング~その他の試合の紹介記事)

Vtuber最協決定戦まとめ(1)各チーム視点のリンク・オープニングトーク
2018年10月20日の19時から「Vtuber最協決定戦」が開催されました。PUBGのスクワッドで順位・キル数を競い、3試合終了後の総合得点で優勝を競う大会です。この記事では、死闘の中でどのようなドラマが生まれたのか、大会本放送で取り上げ...
Vtuber最協決定戦まとめ(2)第1試合の見どころ紹介
2018年10月20日19時、渋谷ハルさんのYoutubeチャンネルで放送された「Vtuber最協決定戦」。この記事では、本放送の流れに沿って、各試合の見どころを順番にご紹介します。 第1試合 大会のオープニングトークが終了し、...
スポンサーリンク
noteでも記事を公開しています(有料含む)

noteの記事はこちら

note(外部サイト)でも記事を公開しています。一部の記事は有料になっており、閲覧にはnoteへの登録と支払いが必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク