スポンサーリンク

「ドン勝しないと飯食えない」で天開司が遭遇したクソおもちゃ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

2018年9月22日~24日にかけて、バーチャル債務者Youtuberの天開司さんが「ドン勝しないと食事ができない」天波少年的ドン勝チャレンジを行いました。合計46時間にも及ぶ挑戦の過程は大いに視聴者を盛り上げましたが、今回はその影で配信を盛り上げた3種類の「おもちゃ」をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

【PUBGドン勝しないと飯喰えない】Vtuberはドン勝だけで生きていけるか?

BANsのリーダーである天開司さんは、さまざまなコラボイベントを企画したり、長時間に及ぶチャレンジ企画に自ら挑戦することでも知られています。秋分の日を含んだ三連休にあたる9月22日~24日には、Vtuberの間でも人気のバトルロイヤルゲーム「PLAYERUNKNOWN`S BATTLEGROUNDS(PUBG)を題材とした企画に挑戦しました。

「ドン勝(1位)をとらないと食事ができない」、「ゲーム中でアイテムを獲得or使用した場合、似たような食べ物、飲み物を食べられる」という制限のもと、「Vtuberはドン勝だけで生きていけるか?」を確かめようとしたのです。

第一のクソおもちゃ:パン止めるやつ

とはいえ、ドン勝への道は厳しく、ろくな食事もとれないまま13時間が経過してしまいます。天開さんは唯一、ゲーム中でアイテムを使用した場合に限り食べることが許されていたフエラムネを食べて空腹を紛らわそうとします。

PUBGドン勝しないと飯喰えない】Vtuberはドン勝だけで生きていけるか? 1日目

(3:23:23~)

まあ、落ち着こうや。ラムネでも食って。

フエラムネは笛のように音を出して遊べるお菓子ですが、ふたしたはずみで割ってしまい音も出せなくなってしまいます。気分転換もできないのかとテンションだだ下がりの天開さんでしたが・・・。

おもちゃもついてるぞこれ・・・。おもちゃかなこれ?なんだろう・・・。
・・・なにこれ?えっ・・・?えっ!?

駄菓子におもちゃが付いていること自体は、特段珍しいことではありません。しかし、天開さんが目にしたものはあまりにも意外すぎる「おもちゃ」の姿でした・・・。

なにこれ?マジ?これをおもちゃって言い張ってんの?嘘だろっ・・・!
マジで・・・?すごいぞこれ・・・!

なんか、熊っ・・・。熊のオブジェみたいなやつ・・・。なんだこれ?

おもちゃじゃないよこれ!パン止めるやつじゃん!パン止めるやつだよこれ!

天開さんは「パン止めるやつ」と形容したおもちゃの写真をツイッターにアップロードしました。

このおもちゃやばいぞ・・・。しかも女の子用だからなこれ。見てくれ。

天開さんのいう「パン止めるやつ」とはおそらくこの「バッグ・クロージャー」というものでしょう。

まつうら工業 袋の口止め 便利クロージャー 4色アソート 100ピース

見たかこれみんな!これやばいよな!?これだからな本当に出てきたやつ!

嘘じゃないぞ!

パン止めるやつだよな!?

顔面蒼白だよ・・・。

おもちゃを貰ったと思ったらパン止めるやつが出てきた・・・。

第二のクソおもちゃ:コンクリートを回す車

その後、ドン勝は得られぬまま挑戦時間は23時間を突破します。そこで再びフエラムネ開放の時間、つまりは新たなおもちゃの獲得チャンスが巡ってきました。

【PUBGドン勝しないと飯喰えない】Vtuberはドン勝だけで生きていけるか? 1日目 その2

(3:50:50)

おまたせっ・・・。クソおもちゃのコーナーっ・・・。

厚い!厚い!これはもう来ねぇわ、パン止めるやつ。・・・よっ・・・!
・・・・・・フフフ・・・フフフフ・・・。あーそう、うーん。そっか・・・。
ちょっと待てよ!?あーそうか!そういうことかっ・・・!今ツイッターにあげるわ。

見る前に触った感触から、新たなおもちゃが「パン止めるやつ」ではないということを悟った天開さん。新しいおもちゃの姿かたちを目にしてしばらく考え込んだあと、何かを察します。

視聴者からは、「スタンプか?」といったコメントも寄せられていましたが、実物を見ている天開さんの解釈は違いました。

これ多分コンクリートを回す車。いやいやみんな聞いて驚くぞ!これ2枚目(画像)の左下見てくれ!

連結できんだよこれ!

どう考えても普通の遊び方ではないものの、新しい「ミキサー車」のおもちゃがほかのおもちゃと連結できると考えた天開さんは、むりやり「パン止めるやつ」の端にくっつけようと試みます。さらに「ほかのおもちゃにつなげるためコンプリートしなければ」などといい出してしまいます。

最初の食事:「これがゲーマーズです」

おもちゃはともかく、開始から46時間を経過した時点で肝心のドン勝はゼロ。天開さんも心身ともに限界を迎えつつありました。そこで、「10位内に入る」など特定の条件を満たしたときだけ使える「SKET CHANCE(助っ人チャンス)」を使用。PUBGの上級者である、にじさんじゲーマーズの叶くんに助けを求めました。

【PUBGドン勝しないと飯喰えない】Vtuberはドン勝だけで生きていけるか? 2日目 その2

(1:34:28)

追い詰められた天開さんの様子を見た叶くんは、話もそこそこにすぐさまゲームを開始。途中、天開さんが1度気絶させられるなどヒヤッとする場面こそあったものの、適切なフォローで危機を退け、見事1回でドン勝を獲得することに成功しました。

(ドン勝直後)

天開司:ナイスゥ・・・・!グッドキルっ・・・・!

叶:これがゲーマーズです。

一刻も早くお腹を満たしたい天開さんの事情を察し、叶くんは話もそこそこに退出していきました。涙ながらにカツ丼を頬張る天開さんの様子は必見です。

放送後、叶くんが自身のチャンネルで放送したリプレイの解説動画も見ものです。期待が高まっていた分、叶くんにもそうとうなプレッシャーがかかっていたことが伺えます。

第三のクソおもちゃ:ハマグリ(カネゴン)

挑戦2日目にして、なんとか最初のドン勝を獲得できた天開さんでしたが、連休は3日あるので挑戦は3日目に続きます。このころには、リスナーの多くも天開さんを真似てフエラムネを購入。どんなおもちゃが出たかツイッターで報告する光景が見られました。

そんな中、天開さんも第三のおもちゃと遭遇を果たします。

【PUBGドン勝しないと飯喰えない】Vtuberはドン勝だけで生きていけるか? 3日目

(1:14:21)

よっ!よっ!・・・クククククククっ・・・・!ハハハハハハハっ・・・!
おいなんだよこいつ・・・!

これレアだろ絶対。SSレア引いたな!

引きがいいなぁ・・・、見てくれみんなこれ・・・。

今までのおもちゃとは異なり、明らかに天開さんのテンションが高く、リスナーたちの期待も高まりました。

これすごいだろ?カネゴンみたいなんだよなぁ・・・。
完全にカネゴンだろこれ・・・。

円谷プロの特撮作品「ウルトラQ」に登場したカネゴンを彷彿とさせる、謎の怪獣人形が姿を現しました。その後、この人形は「ハマグリ」と呼ばれるようになります。

ウルトラ怪獣シリーズ 47 カネゴン

リスナーからは「(不思議のダンジョン 風来のシレンシリーズに登場する)妖怪にぎり変化ではないか?」との声も上がりました。にぎり変化はアイテムをおにぎりに変える能力を持ったモンスターなので「食事をしたがっている天開さんにおにぎりを与えにきたのでは?」というコメントも見られました。

当の天開さんはというと、2番めのおもちゃと違い「ほかのおもちゃと連結できない」という点に不満を漏らしていました。

ヘッド・バッドできるぞこれ!遊び方はこれだな・・・。そしてバリ取りが甘ぇんだよ!

さすがに挑戦も最終日となったためか、遊び方を考えたり、子どもの安全性を考える心のゆとりが生まれてきたようです。

その後、1日目から続けて獲得してきたフエラムネのおもちゃを一同に揃えた、フォーカスの甘い集合写真を公開しています。

二度目にして挑戦最後の食事:「これがBANsです」

挑戦最終日、助っ人の力を借りないドン勝、いわゆる「ソロドン」に挑戦していた天開さんに絶好の機会が訪れます。

【PUBGドン勝しないと飯喰えない】Vtuberはドン勝だけで生きていけるか? 2日目 その2

ドン勝したゲーム、終了直前(6:02:39)

匍匐前進で進み、見つからないようアイテムを捨てる慎重ぶりでドン勝を狙いますが最後は敵は見当たらず、しかたなく安全地帯である家の周辺をウロウロしていると突如画面に「マッチ終了」の表示が・・・。

あとでリプレイを確認したところ、最後の相手がチーターであり、違反行為通報によるBANで勝利したことがわかりました。

これがBANsです。

叶くんのセリフにならってこう発言した天開さんでしたが、最後まで釈然としない様子を見せていました。

豪遊編:全体の振り返り

3日間のチャレンジを完遂した天開さんは、途中から並行してドン勝に挑戦したり、途中で助っ人として助けてくれたVtuberの渋谷ハルくん、あっくん大魔王、アベレージさんらとともに「断食スクワッド」をプレイ。深夜にはお寿司を食べて「豪遊」し、放送の最後には自身の挑戦を振り返りました。

【PUBGドン勝しないと飯喰えない】豪遊編

(1:10:27)

自分自身を追い込むような過酷な企画に次々と挑戦し、その中で予想外の感動を生み出していく天開司さん。彼が「断食PUBG」のラストに「MVP」として名前を上げたのが今回取り上げたフエラムネです。ゲーム中に登場する回復アイテムの鎮痛剤とラムネの「見た目が似ているから」という理由だけで起用された商品でしたが、ライブ中に思わぬ面白さを発見することにつながりました。

今後もどんな斜め上の方向から新たな面白さを我々に見せつけてくれるのか、目が離せません。

スポンサーリンク
noteでも記事を公開しています(有料含む)

noteの記事はこちら

note(外部サイト)でも記事を公開しています。一部の記事は有料になっており、閲覧にはnoteへの登録と支払いが必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク