スポンサーリンク

アニメ「ポプテピピック」の考察・解説まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

大川ぶくぶ原作の4コマ漫画「ポプテピピック」は、2018年にアニメ化され大きな話題になりました。様々な作品のパロディや、A・Bパートでで声優が交代する演出などが有名ですが、シュールなネタが多いため、「意味不明」と捉えられることも少なくないようです。そこで当ブログでは、アニメ「ポプテピピック」がどのように笑いを取ろうとしているのか、その演出の裏に隠された狙いを考察・解説してきました。

スポンサーリンク

アニメ全12話の考察・解説記事

ポプテピピック第1話「#1 出会い」を考察
理不尽なシュールギャグとパロディで人気のギャグアニメ「ポプテピピック」。今回はその1話「#1 出会い」の演出方法や制作陣の意図などを考察していきたいと思います。 ポプテピピック「#1 出会い」の大まかな流れと要約 ポプテピピック...
ポプテピピック第2話「#2 異次元遊戯 ヴァンヴー」を考察
2018年の覇権アニメとも呼ばれる「ポプテピピック」。今回はその第2話「#2 異次元遊戯 ヴァンヴー」について、制作陣の意図や演出方法を考察したいと思います。 ポプテピピック「#2 異次元遊戯 ヴァンヴー」の大まかな流れと要約 ...
ポプテピピック第3話「#3 ザ・ドキュメント」を考察
A・Bパートで声優を交代するという斬新な手法で話題を集めた「ポプテピピック」。ですが、3話ともなれば、視聴者もその手法になれてくる時期です。このタイミングで制作陣はどのようなネタと演出を織り込んできたのか、検証してみましょう。 ポ...
ポプテピピック第4話「#4 SWGP2018」を考察
アニメのワンクール(12話)からみると、ちょうど1/3が過ぎた時点に相当するのが第4話です。3話では「ネタの方向性を統一させてくる」という新たな展開を見せたポプテピピックでしたが、果たして第4話ではどんな演出を盛り込んでくるのでしょうか。 ...
ポプテピピック第5話「#5 イモ☆ヨバ」を考察
さまざまな意味を込めて「クソアニメ」と呼ばれるポプテピピック。本作を構成するさまざまなネタがどのような意図を持って組み込まれたのか、その演出意図を考察します。今回取り上げるのは第5話です。 ポプテピピック「#5 イモ☆ヨバ」の内容まとめ ...

ポプテピピック第6話「#6 第30期電脳戦」を考察
ポプテピピックもいよいよ第6話、折返しとなる地点に差し掛かっています。ギャグアニメである以上、どうしても視聴者に慣れられてしまうとその面白さが薄れてしまいます。回を増すごとにどんどんハードルが上がっていくわけですが、制作陣はどのような演出に...
ポプテピピック第7話「#7 ヘルシェイク矢野」を考察
ポプテピピック第7話は、さまざまな意味で視聴者に大きなインパクトを残す回となりました。どうしてもアニメオリジナルパートに注目が行きがちな今回のお話ですが、ほかにも面白いパートが多数揃っています。順番にどういった点が面白いのか、その秘密を探っ...
ポプテピピック第8話「#8 飯田橋の昇竜 ~復讐のピピ~」を考察
今回はポプテピピック8話の見どころ、面白さの秘密を考察します。毎回、起用される声優が注目されがちな本作ですが、声優以外にも細かい見どころが満載です。 ポプテピピック第8話「#8 飯田橋の昇竜 ~復讐のピピ~」の内容まとめ キャラ...
ポプテピピック第9話「#9 奇跡とダンスを」を考察
多くのアニメファンから注目を集め、SNSなどでも盛んに話題に上っているポプテピピックも、残すところあと僅かとなりました。今回は9話の内容を取り上げ、演出上の意図を考えてみたいと思います。 ポプテピピック第9話「#9 奇跡とダンスを」の内容...
ポプテピピック第10話「#10 銀座ホステス探偵」を考察
ポプテピピックの10話は、名探偵コナンのパロディが注目され話題になりました。基本的にパロディ色が強いほうが話題になりやすい本作ですが、全体的にどんな見どころや狙いがあるのか検証してみたいと思います。 ポプテピピック第10話「#10...

ポプテピピック第11話「#11 呪館」を考察
後編に行くにしたがって、ポプテピピック各話のテーマ性はよりわかりやすくなってきました。この考察もついに11話に突入します。残りはあと僅かですが、最後まで制作陣の意図と演出の狙いについて考えていきたいと思います。 ポプテピピック第11話「#...

【12話 考察・解説 合計3記事】

(1/3)ポプテピピック第12話「#12 THE AGE OF POP TEAM EPIC」を考察
アニメファンの間で大いに物議を醸した「ポプテピピック」も、いよいよ最後となるのが今回の12話です。制作陣が最終回にどんなネタ・演出を仕込んでいたのか、細かく見ていくことにしましょう。 なお、今回はボリュームが非常に大きくなって...
(2/3)ポプテピピック1話~12話に秘められた伏線の考察まとめ
ポプテピピックの12話「#12 THE AGE OF POP TEAM EPIC」について考察します。この記事は合計3記事からなる考察なので、以下の記事を見ていない方は先にそちらをご覧ください。 1記事目では、...
(3/3)ポプテピピック最終話に蒼井翔太が登場した理由を考察
ポプテピピックの12話「#12 THE AGE OF POP TEAM EPIC」には、なぜか声優の蒼井翔太が実写で登場し大きな話題になりました。しかし、なぜ突如として実在の人物がアニメに登場したのか、理由がわからず困惑した方も多いのではな...

ポプテピピック ALL TIME BEST

ボブネミミッミの考察・解説

「AC部」による箸休めコーナー「ボブネミミッミ」について解説する記事です。

一部からは、「面白くない」、「狂気を感じる」、「気持ち悪い」という声がある一方、「だんだん癖になってきた」と語るファンも少なくありません。人によって大きく評価が分かれている本コーナーがもたらす効果について考えてみました。

「ボブネミミッミ」に隠された心理的効果(1/3):「いらない」と言われる理由
早くも2018年覇権アニメの呼び声が高い「ポプテピピック」。しかし、その中に原作にはない、賛否両論を集めているコーナーがあります。「天才ビットくん」を始めとするTVアニメや、著名アーティストのMVなど個性的な動画制作で知られる「AC部」が担...
「ボブネミミッミ」に隠された心理的効果(2/3):慣れを防ぐメカニズム
(1/3のまとめ) ポプテピピックは、「シュールなギャグ」とパロディが売り アニメは、「A・Bパートで声優が交代するショートショートの1話15分×2回の作品」として作られている ↓ 「ボブネミミッミ」は本編中に挿入される...
「ボブネミミッミ」に隠された心理的効果(3/3):だんだん好きになっていく理由
(2/3のまとめ) ポプテピピックの肝である「シュールなギャグ」と「パロディ」は視聴者が慣れてしまうと効果が薄れる 心理学の見地から見た「馴化」=慣れの特徴を知ると、ボブネミミッミが視聴者の「慣れ予防」に効果を発揮することがわかる ...

ポプテピピック 工業廃水 マグカップ

note(外部サイト)の公開記事

以下はnote(外部サイト)で公開している記事です。一部有料のものもありますが、それらも目次は無料で見られるので気になる内容かどうかぜひご確認ください。

アニメ「ポプテピピック」は、2018年1月から3月にかけて放送されました。ブログでは1話から12話まで、全話について考察を行いましたが、そのときには触れられなかった部分について紹介し直したいと思います。 ブログの考察記事はこちらです。 ポプテピピック第1話「#1 出会い」を考察 今回取り上げるのは1話「#1 出...
ブログで考察・解説記事を投稿しているアニメ作品「ポプテピピック」に関して考察します。今回取り上げるのは、12話「#12 THE AGE OF POP TEAM EPIC」です。すでにブログで考察記事を公開していますが、そこでは語りきれなかった内容についてまとめたいと思います。 この記事をご覧になる際は、先にブログで...
スポンサーリンク
noteでも記事を公開しています(有料含む)

noteの記事はこちら

note(外部サイト)でも記事を公開しています。一部の記事は有料になっており、閲覧にはnoteへの登録と支払いが必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク