スポンサーリンク

アニメ感想「けものフレンズの謎」まとめ:12話「ゆうえんち」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

諸注意

スポンサーリンク

【12話 ゆうえんち 考察まとめ】

けものフレンズ12話感想その1:かばんちゃん救出に迷っていたヒグマの心の葛藤
【冒頭 サーバルの目覚め】 かばんちゃんとラッキービーストを助けるためにセルリアンに食べられたサーバル。その後かばんちゃんに助け出されましたが、今度はそのかばんちゃんがセルリアンに食べられてしまいました。そんなサーバルの目...
けものフレンズ12話感想その2:初めて語られるラッキービーストの気持ち
【Aパート 死亡フラグを立てるラッキービースト】 サーバル:でも、どうしてお話してくれたの? ラッキービースト(ボス):ヒトの緊急事態対応時のみ、フレンズへの干渉が許可されているんだ。生態系の維持が原則だからね。 ...
けものフレンズ12話感想その3:超巨大セルリアンVSサーバル
【Aパート サーバルとヒグマによるセルリアン攻撃】 かばんちゃんを助けるため、港からセルリアンのもとに向かったサーバルとヒグマ。2人の前に再び超巨大セルリアンが立ちはだかります。 ヒグマ:いたぞ! サー...
けものフレンズ12話感想その4:サーバルのかばんちゃんに対する気持ち
【Aパート サーバル、自分の気持ちを言葉で語る】 超巨大セルリアンと対峙し、かばんちゃん救出のために攻撃を行うサーバルとヒグマ。しかし、攻撃はほとんどセルリアンには通じず、打つ手のない状況です。 サーバル&ヒ...
けものフレンズ12話感想その5:フレンズごとのヒトから受けた影響の違い
【Aパート 新たな助っ人の登場】 セルリアンに攻撃を開始したサーバルとヒグマでしたが、まったくダメージを与えられず攻めあぐねてしまいます。どうすることもできず、セルリアンにしがみつくサーバルでしたが、そのとき何者かが現れま...

けものフレンズ12話感想その6:超巨大セルリアンVSフレンズたち(前編)
【Aパート かばんちゃん救出に駆けつけたフレンズたち】 超巨大セルリアンと戦うサーバルたちの元に、ラッキービーストから連絡を受けた博士と助手が駆けつけます。仲間は増えましたが依然としてかばんちゃんを助けるには至らず、苦しい...
けものフレンズ12話感想その7:超巨大セルリアンVSフレンズたち(後編)
【Aパート フレンズが力を合わせれば不可能なことはない】 かばんちゃんを助けるために集まった、今までに出会ったフレンズたち。彼女たちの攻撃は徐々にセルリアンにダメージを与えていきます。 (ライオンとヘラジカ、...
けものフレンズ12話感想その8:サーバルが紙飛行機を飛ばすシーンの意味
【Aパート サーバル、己のやるべきことを知る】 ヒグマの一撃で、ついにかばんちゃんをセルリアンの体内から救い出したサーバルたち。しかし、すでにかばんちゃんはフレンズの姿を完全に失ってしまった状態でした。 (切断された...
けものフレンズ12話感想その9:かばんちゃん復活に秘められた謎
【Aパート かばんちゃんの復活】 サーバルが作った紙飛行機でセルリアンの注意をそらし、そのスキにフレンズたちはかばんちゃんを安全な場所まで運ぶことができました。 一方、セルリアンは船の明かりを見つけ、そちらに向かって進んでいき...
けものフレンズ12話感想その10:ラッキービーストの最後
【Aパート ラッキービースト最後の言葉】 無事に蘇ったかばんちゃんは、皆に祝福されながらサーバルと熱い抱擁を交わします。ですが、差し迫った問題はもう一つ残っていました。 かばんちゃん:それよりも、セルリアンは・・・。...

けものフレンズ12話感想その11:実は「本体」は無事だったラッキービースト
【Aパート 無事だったラッキービースト】 超巨大セルリアンは船とともに沈み、パークに平和が訪れました。フレンズたちは海岸を歩き回り、未だに見つからないラッキービーストの姿を探します。 (フレンズたちが海岸を歩...
けものフレンズ12話感想その12:遊園地に集合したフレンズたち
【Bパート 遊園地でくつろぐフレンズたち】 (さばんなちほーからじゃんぐるちほーへの入り口) アードウルフ:へっへっへっへっへ・・・。 (遊園地、観覧車など多数の乗り物があるところにフレンズたちが集まっ...
けものフレンズ12話感想その13:かばんちゃんがトキとビーバーから学んだこと
【Bパート 無事セルリアンを倒せた&かばん何の動物かわかったおめでとうの会】 フレンズたちが集まり、各々に楽しんでいる遊園地。かばんちゃんとサーバル、ラッキービーストも姿を表しました。 サーバル:うわー・・・...
けものフレンズ12話感想その14:フレンズたちに起きた新たな変化
【Bパート 異なるちほーのフレンズとの出会い】 パーティーの主賓として、壇上に上がり挨拶をしていたかばんちゃん。ですが、そんな中博士と助手が先に料理を食べ始めてしまい・・・。 かばんちゃん:縄張りはまだ決まっ...
けものフレンズ12話感想その15:アライさんが語る「かばんちゃん誕生秘話」
【Bパート かばんちゃんはミライさんの髪の毛から生まれた】 遊園地を部隊に繰り広げられる、フレンズたちの祝宴は続きます。再び、今までになかった組み合わせのフレンズたちが会話しています。 ライオン:ジャパリまん...

けものフレンズ12話感想その16:かばんちゃんがラッキービーストに与えた変化
【Bパート パークにおけるヒトとロボット】 フレンズたちの会話によって、新たな発見や今まではよくわからなかった謎が明らかにされていきます。今度は、ギンギツネとキンシコウ、博士と助手らが会話しています。 ギンギ...
けものフレンズ12話感想その17:ジャパリパークの観覧車
【Bパート 2人で乗る観覧車】 パーティーが続く中、かばんちゃんとサーバルは2人でベンチに腰掛け、ゆっくりと現在の状況について語り合います。 サーバル:色々あったけど、もうすっかりパークで暮らせてるよね。 ...
けものフレンズ12話感想その18:かばんちゃんの「パークの外」への想い
【Bパート 「まかせて」の謎と「パークの外」】 パーティーの途中、サーバルと2人で観覧車に乗ったかばんちゃん。ゴンドラが一番高い位置まで移動したとき、ラッキービーストがミライさんのメッセージを再生し始めて・・・。 ...
けものフレンズ12話感想その19:「船」となったジャパリバス
【Bパート 水陸両用ジャパリバス】 サーバルとともに乗った観覧車で、ミライさんからのメッセージをみたかばんちゃん。 「パークの外へ行きたい」という気持ちが高まるものの、どうすることもできません。 サーバルと一緒に観...
けものフレンズ12話感想その20:フレンズたちのかばんちゃんへの想い
【Bパート かばんちゃんとフレンズ、別れのとき】 「船」に改造したジャパリバスをかばんちゃんにプレゼントしたフレンズたち。パーティーも終わり、旅立ちの準備を終えたかばんちゃんとパークのフレンズたちの別れのときが近づいてきま...

けものフレンズ12話感想その21:最後の木登りとストーリーの「表と裏」
【Bパート かばんちゃんの旅立ち】 船に改造されたジャパリバスをプレゼントされたかばんちゃんは、フレンズたちと別れの挨拶を交わしていました。カバから「本当に辛いときは、誰かを頼ったっていいのよ?」と言葉をかけられたかばんち...
けものフレンズ12話感想その22:かばんちゃんをこっそり追いかける者たち
【Bパート 新たな旅の出発と新たな出会い】 フレンズたちとの別れを済ませ、バスに乗り込んだかばんちゃん。 景気良くクラクションを鳴らし、いよいよ「パークの外」へと向かって出発していきます。 (かばんちゃん、バスで...
けものフレンズ12話感想その23:フレンズたちの気持ちとかばんちゃんの黒い手足
すでに本編の各シーンは全て取り上げましたが、まだ考察していなかった点が2つほどあるので、今回はそれらを取り上げたいと思います。考察したい2点は次の通りです。 サーバル以外のフレンズは、なぜかばんちゃんに...
けものフレンズ12話感想その24:動物・ヒト・フレンズとは何だったのか
「けものフレンズの謎」と題して、1話から12話までの各シーンを取り上げ、順番に考察してきたこのシリーズですが、いよいよ本編の考察もあと僅かとなりました。今回はけものフレンズ計12話のまとめとして、「この作品が伝えたかった...

【12話 ゆうえんち 総合的な解説】

いよいよ最終回となった12話では、「サーバルを助け出したかばんちゃんがセルリアンに食べられる」という衝撃的な終わり方を迎えた、11話の後編のような位置づけになっています。その内容を振り返るにあたって、まず全体のストーリーを確認しておきましょう。

けものフレンズは、大きく3つの内容にわけることができます。この3つを仮に「章」と呼ぶことにしましょう。1章は1話~7話まで。かばんちゃんが「自分は何者なのか?」を知るストーリーです。2章は8話から11話まで。自分がヒトだと知ったかばんちゃんが、「自分はどう生きるべきか?」を考えるストーリーです。そして、12話はそれらに続く3章に相当します。

12話は「かばんちゃん以外のフレンズたち」が主役

かばんちゃんは11話において、自分自身の生き方を「パークとフレンズを守ること」に定め、そのために自分の身を犠牲にしてサーバルを助けました。しかし、物語はそこでは終わりません。旅の途中で出会った様々なフレンズたちの活躍によって、かばんちゃんは無事救出されたのです。

1章・2章が「かばんちゃんの物語」であったのに対して、3章となる12話で主に描かれたのは、かばんちゃんを取り巻く「フレンズたちの気持ち」でした。彼女たちは「友達」であるかばんちゃんを助けるために力を尽くしました。旅の中で「フレンズたちに助けられた」と語ったかばんちゃんでしたが、フレンズたちも皆、「かばんちゃんに助けられた」と感じていたことが確かめられたわけです。

かばんちゃんがフレンズとの出会いから己の生き様を知ったように、フレンズたちの多くもかばんちゃんと出会ったことで大きな影響を受けました。なかにはかばんちゃんのように、その後の生き方が大きく変わってしまうほどの影響を受けたものもいます。

けものフレンズのテーマは「ヒトと動物の関係」

フレンズたちは、かばんちゃんを通して「ヒトとはどのような存在か」を学びました。そして、おそらくはサーバルから、「かばんちゃんがパークの外へ行くことを望んでいる」ことを知り、彼女の夢をかなえるためにジャパリバスを改造した「船」をプレゼントすることになります。

かばんちゃんはひとり、パークの外へ旅立つことになりましたが、物語はそこで終わりませんでした。ジャパリバスの座席を改造した「船」に乗り、フレンズたちもかばんちゃんを追いかけてパークの外へとついていったのです。かばんちゃんと最も長い時間を過ごし、最も仲良くなったサーバルのように、ほかのフレンズたちもまたかばんちゃんを慕い、ついていこうと考えたわけです。

12話で描かれた「かばんちゃんとフレンズたちの関係」は、単に個別のキャラクター同士の関係性を表すだけのものではありません。かばんちゃんを「動物としてのヒト」の象徴、フレンズたちを「ヒト以外の動物」と解釈すると、「ヒトと動物との関係」を示すメッセージを読み取ることができるのです。そのメッセージとは、「ヒトと動物とは、互いに望めば友達になれる」というものでした。

見る人の心に「幸せ」を与えてくれる作品

このブログでは「けものフレンズの謎」と題してストーリーの考察を続けてきました。作中最大の謎とは何か、と問われれば「フレンズとは何か?」だと私は思います。そして、その謎の答えは、この3章(12話)の内容から読み取ることができるはずです。

ヒトを含めた動物にとって「フレンズ」とは、「自分以外の動物」にほかなりません。もし、種の異なる動物が相手だったとしても友達になることは不可能ではないはずです。しかし、現実社会には、ヒトと会話ができたり、同じ姿をしたりしている「フレンズ」は存在しません。また、不幸な出会い方をしたり、お互いの生活環境が相容れないなどの理由から、実際には友達になるのが難しい種類の動物もいるでしょう。

ですが、我々はけものフレンズを見ていると、かばんちゃんとフレンズたちのように「どんな動物同士でも仲良しになれる」ような気分を味わうことができます。可愛い女の子の姿で描かれた動物の姿を見ることによって、実際にはヒトと仲良くするのが難しい動物であっても、「ひょっとしたら友だちになれるのではないか」、「友達になれたらいいな」といった親しみが胸の中に湧き上がってくるはずです。

見る人の心の中に生じるこうした気持ちは、劇中でかばんちゃんがほかのフレンズたちに対して抱いた気持ちや、フレンズたちがかばんちゃんに対して抱いた親しみの感情と同じものではないでしょうか。そして、私たちはその気持ちを抱いたとき、心のなかに小さな「幸せ」を感じることができるはずです。私はそれこそが、けものフレンズという作品の大きな魅力なのではないかと思います。

スポンサーリンク
けものフレンズ
Posted with Amakuri at 2018.3.14
ヤオヨロズ
Amazon Prime videoなら第1話は無料、2話以降は1話\216で視聴できます。
noteでも記事を公開しています(有料含む)

noteの記事はこちら

note(外部サイト)でも記事を公開しています。一部の記事は有料になっており、閲覧にはnoteへの登録と支払いが必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. より:

    動物どうし…例えば野生のシマウマとライオンが友達になることは、ありえない。
    だけど、人間はペットや家畜だけでなく、知恵によって危険な動物とも適切な距離と関係をもって共存できる可能性がある。それは、動物園という形のこともあるし…昔は人里に降りた熊が問答無用で射殺されていたけど、今では熊を人里に近づけないようにしたり、眠らせてから山奥に戻したり、知床のある漁場ではわずか数十メートルの距離にヒグマがいるのに人も熊も逃げも攻撃もせずに過ごしていたり…お互いに平和に暮らせる方法を考えるようになってきている。
    人間だけが、全ての動物と友達になれる可能性を持っているのかも知れませんね…(。・ω・。)

    • hifumi1239 より:

      ヒトと動物の関係を描いた作品というと、どこかヒトの文明を批判するような主張が入る作品も少なくないと思いますが、けものフレンズにはそういった要素がないところも好感が持てるところです。