スポンサーリンク

オウンドメディアの記事、文字数はどのくらいにしたらいい?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

オウンドメディアを運営するには、大量の記事を制作しなければいけません。記事を作る上で問題なのは、文字スをだいたいいくらくらいにしたらいいか?という問題です。オウンドメディアにとって適切な文字数はなん文字なのでしょうか?

スポンサーリンク

オウンドメディアで記事の文字数が重要な理由

まず、どうして記事の文字数が重要になるのか確認しておきましょう。一般的には次のような理由が挙げられます。

  • 最大のSEO効果を得るため
  • メディア内の記事の均質化を図るため
  • 記事制作コスト計算のため

文字数が多ければ多いほど、記事には多くの情報を盛り込めます。検索エンジンに評価されるようなキーワードも、自然に盛り込めるようになるでしょう。しかし、逆に文字数が多すぎれば、読むのに時間がかかってしまいます。キーワードも他の言葉で密度が薄まってしまうため、検索エンジンからの評価が下がってしまうかもしれません。よって、無理なく自然に検索キーワードを散りばめられる、SEO的に適切な文字数を模索する意味があるのです。

記事Aは5000文字だが、記事Bは2000文字、というふうに、記事ごとに文字数にばらつきがあるのもよくありません。こちらは、単純に読む人に与える印象が問題になります。たとえば、メディア内の複数のページを見たときに、極端に文字数が違っていたらどう思うでしょうか?「記事Aの分野には力を入れているけど、記事Bの分野はそうでもないのかな」と読者に思われてしまう可能性もあるでしょう。このように、文字数の違いによって与える印象が変わるのを防ぎたければ、メディア内のおおよその記事文字数は揃えておくべきです。

オウンドメディアの記事制作を外注する場合、コストは文字数に比例して増えていきます。ライターは一般的に、「1文字あたりいくら」という単位で仕事を受けるからです。1記事あたりの標準的な文字数が増えると、記事制作のトータルコストも増えることになります。

オウンドメディアの記事文字数を決定する方法

オウンドメディアの記事文字数が重要な理由として、SEO・読者への印象・コストの3つあるとご紹介してきました。では、それぞれの観点からみたとき、理想的な文字数はいくつくらいになるのでしょうか?

まず、SEO的な観点からいうと理想的な文字数というものはありません。最もメジャーな検索エンジンであるGoogleには、記事の質を文字数で判断するアルゴリズムが実装されていないからです。よって、重視したい検索キーワードについて、自然に関連する記事を書いていき、自然に話の区切りがついたところで1記事の完成とすれば、SEO的に理想的な記事が書き上がるでしょう。

しかし、そのやり方では1記事ずつの文字数はうまく調整できるかもしれませんが、個々の記事同士の文字数が大きく異なってしまうこともあるでしょう。そうならないためには、あらかじめ1記事ずつの文字数がだいたい均一になるよう、適切なテーマ設定をする必要があるでしょう。

記事テーマの粒度をうまく設定し、記事の文字数がだいたい同じくらいになるようにできれば、あとは1記事あたりの目安文字数に記事数をかけることで、トータルの製作コストを計算できます。このように進めていけば、3つの観点をすべて満たす、適切な記事文字数を設定することができるのです。

スポンサーリンク
noteでも記事を公開しています(有料含む)

noteの記事はこちら

note(外部サイト)でも記事を公開しています。一部の記事は有料になっており、閲覧にはnoteへの登録と支払いが必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク