スポンサーリンク

マーケティングとは「広告を作ること」である

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

そもそも、「マーケティング」というものがどのようなものか、皆さんはご存知でしょうか?

一昔前まではマーケティング=「市場調査」と言われていました。これだと、「調査会社に依頼して新商品の市場調査を行う」といったことをイメージしてしまいがちですが、実際のマーケティングとそうした「市場調査」全くの別物です。

Wikipediaによると、マーケティングの大家と呼ばれるフィリップ・コトラーは、マーケティングを次のように定義しています。

マーケティングとは、「製品と価値を生み出して他者と交換することによって、個人や団体が必要なものや欲しいものを手に入れるために利用する社会上・経営上のプロセス」である。

・・・何のことかわかるでしょうか?

そもそも、多くの方はこうしたマーケティングの学術的な定義師を知りたいわけではなくて「マーケティングをやれ」といわれたときに、「自分が仕事の中で何をやればいいのか?」を知りたいはずです。

そうした観点から、マーケティングをもう少しわかりやすく解説してみたいと思います。

マーケティングを行う人を上・中・下と分けたとしましょう。それぞれのポジションにいる人がマーケティングをどう理解しておけばいいかを示すと、以下のとおりです。

マーケティング上級者:マーケティングとは、顧客とのコミュニケーションである
マーケティング中級者:マーケティングとは、見込み顧客の育成である
マーケティング初心者:マーケティングとは、広告を作ることである

たとえば、「上司からいきなり、『マーケティングをやれ』といわれた一社員」といったポジションにいる方であれば、「マーケティングとは広告を作ることだ」と覚えておけば十分です。そうすれば、広告を作ればいいわけですから、やらなければならないことがかなりはっきりするはずです。

当ブログでは、「一般の方にもわかりやすくマーケティングを解説する」ことを目的に掲げているので、今後は「マーケティングとは広告を作ることだ」と考えて、説明していきたいと思います。

スポンサーリンク
noteでも記事を公開しています(有料含む)

noteの記事はこちら

note(外部サイト)でも記事を公開しています。一部の記事は有料になっており、閲覧にはnoteへの登録と支払いが必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク