スポンサーリンク

けものフレンズ10話感想その16:ついにかばんちゃんの前に現れた白い影

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

諸注意

けものフレンズ10話感想その15:かばんちゃんが推理する白い影の正体
【Bパート 第三の目撃者、タイリクオオカミ】 かばんちゃんとサーバルがミライさんからのメッセージを聞いていたとき、突如大きな悲鳴が聞こえました。悲鳴の主であるタイリクオオカミがいるロッジの外まで2人は急いで向かいま...

スポンサーリンク

【Bパート 白い影、4度目の目撃】

オオカミが白い影を目撃した夜が明け、新たな朝を迎えました。かばんちゃんは部屋のテラスで外の様子を確認しますが、続いていた雨も止み、いよいよ出発できそうな天気になっています。

かばんちゃん:おはよう!サーバルちゃん。まだ寝てていいよ。

サーバル:おはよー。晴れたね!今日は出られそうだね。

かばんちゃん:うん。

(部屋の外、空中に白い影が佇んでいる)

かばんちゃん:あっ。

サーバル:ギャーッ!出たー!

かばんちゃん:た、食べないでください!

(2人共、部屋から外へ逃げ出す)

サーバル:逃げよう!かばんちゃん!

かばんちゃん:サーバルちゃん、怖いけど形だけ確認しよう。何かヒントがあるかも。

(2人共、扉の裏から影を覗き込む)

サーバル:ほんとだ、フレンズの形してる。

かばんちゃん:耳の形は・・・。

(白い影、一瞬で移動し2人に近づく)

かばんちゃん&サーバル:うわぁぁぁぁ!!

(かばんちゃんとサーバル、ほかのロッジ滞在メンバーと合流する)

かばんちゃん&サーバル:はぁ、はぁ、はぁ・・・。

かばんちゃん:僕達も、見ました。

テラスと寝室が直接つながる「見晴らし」の構造

2人が泊まっている部屋、「見晴らし」の内部がどうなっているのか、今までは正確に描かれていたわけではありませんが、今回のシーンでその構造が明らかになりました。最初に部屋を案内されたとき、特徴として紹介されたテラスは寝室から直接つながる構造になっています。

テラスと寝室のと間には扉があるため、雨が降っていた2日間、かばんちゃんたちは扉を締めて眠っていたと考えられます。

恐怖心より好奇心が勝るかばんちゃん

それでは本題の、白い影に関する話に移りましょう。かばんちゃんとサーバルがともにテラスに出て、外の様子を確認したとき、彼女たちの目の前にウワサの「白い影」が現れました。突然のことに2人は驚き、思わず寝室の中に隠れてしまいましたが、ここでかばんちゃんが「怖いけど形だけ確認しよう」と発言しています。

かばんちゃんたちの目撃によって、現在ロッジにいるフレンズたちは全員が白い影を見たことになりますが、最初に目撃したアリツカゲラを除いて、かばんちゃんが唯一「影の正体を確かめようとした」ことになります。

アリツカゲラが影を目撃した時点では、初めての出現であったこともあり、アリツカゲラ本人を含め影に対して恐怖心を持っている人はいませんでした。しかしその後、「信じられないスピードで動く」、「正体不明」、「フレンズよりずっと大きい」といった情報が得られたことにより、徐々に謎の白い影は恐怖の対象となっていったのです。

それに拍車をかけたのが、タイリクオオカミの「嘘」でした。彼女はサーバルたちを怖がらせるために「影の正体はセルリアンではないか」といった話をして、恐怖心を煽っていったのです。こうした背景から、最初は単に正体のわからない影だったものが、ロッジのフレンズ皆に恐れられるようになっていきました。

しかし、こうした状況にあっても、冷静な判断力を失わなかったのがかばんちゃんです。かばんちゃん自身、影を恐れていないわけではないようですが、それよりも知的好奇心と影の正体を突き止めようとする探究心が勝っていたのです。こうした点は実に「ヒトらしい」部分だといえるでしょう。

「恐怖を知恵で克服する」のはヒトの特徴か

たとえば、ヒトの特徴のひとつに「火を使う」というものがあります。そもそも、ヒトがヒトが火を使い始めたのは落雷やそれによって生じた山火事などで自然発生した火をそのまま利用したのが起源ではないかと考えられています。

ヒト以外の動物にとって、火は恐怖の対象でした。すぐに逃げないと命を奪われる危険なものであり、好奇心や探究心が向けられるものではなかったのです。しかし、ヒトは火を使いこなし、その後自力で火をつけたり、さまざまな活動に応用して利用するようになりました。このように、「未知のもの、恐ろしいものであっても、分析・研究して恐怖を克服する」という点もまたヒト固有の特徴であるといえるでしょう。

かばんちゃんとサーバルは、恐る恐る白い影がいるテラスの方を覗き込み、その姿かたちを確認しました。タイリクオオカミが言っていたとおり、耳もしくはツノのように見えるものがあり、姿はフレンズのようです。

ただし、問題はその後でした。かばんちゃんたちが影の様子を確認していると、突如白い影が高速で移動し、かばんちゃんたちに近づいてきたのです。その様子は、過去の目撃者が語ったとおり、まるで生きているような感じがせず、フレンズともセルリアンとも違った印象があります。

これにはさしものかばんちゃんも驚き、サーバルと一緒に部屋を出て走り去ってしまいました。

今回の目撃が「特殊」だった点

今回目撃された白い影には、ひとつ変わっている部分があることにお気づきでしょうか。今まで白い影が目撃されたタイミングが、すべて夜だったのにもかかわらず、今回は早朝に出現しているのです。

もちろん、過去の目撃回数は3回ですので、たまたま夜の目撃が続いたという可能性はあります。しかし、今回の話がミステリーの体裁を取っている以上、「必ず夜にだけ目撃される」、「今回に限っては朝も目撃された」という部分は視聴者に対する何らかのヒントだと考えたほうがいいでしょう。

もう一つ気になるのは、白い影が高速で移動した理由です。かばんちゃんとサーバルが白い影を目撃してから、物陰に隠れ、再度影を覗き込むまで、ある程度の時間がありました。その間、影は場所を移動していないのに、かばんちゃんたちが正体を確かめようと覗き込んだすぐ後に高速移動して彼女たちを驚かせています。

前回の考察で、「白い影の正体はフレンズでもセルリアンでもなく、何らかの現象である」という可能性について考えてみました。もし、白い影の正体が何らかの現象であるなら、影が動いたことに理由があるはずです。この点も2つ目の謎として残ります。

次回はいよいよ、影の正体を突き止めるための最後の話し合いが行われます。ロッジに滞在しているすべてのフレンズが、今までに出てきた情報をすべて精査して影の正体に迫っていくことになります。具体的な内容は次回以降で考察していくとして、現時点でひとつ覚えておいてほしいことがあります。

それは、かばんちゃんが白い影を目撃した後、一旦部屋の影に隠れ再度部屋の外を覗き込むシーンにおいて、かばんちゃんの足元にラッキービースト(ボス)がいることです。そして、かばんちゃんは恐怖心からか、身を乗り出すに当たってラッキービーストに体を寄りかけているのです。

このラッキービーストの存在が、事件の謎を解く大きな手がかりになります。

けものフレンズ10話感想その17:かばんちゃんの推理とひらめき
【Bパート 白い影の正体に気がつくかばんちゃん】 かばんちゃんたちがロッジに滞在し始めてから3日目の朝です。雨は止んだものの、白い影の正体は未だわからない状況。ついに白い影はかばんちゃんとサーバルの目の前に現れまし...
スポンサーリンク
けものフレンズ
Posted with Amakuri at 2018.3.14
ヤオヨロズ
Amazon Prime videoなら第1話は無料、2話以降は1話\216で視聴できます。
noteでも記事を公開しています(有料含む)

noteの記事はこちら

note(外部サイト)でも記事を公開しています。一部の記事は有料になっており、閲覧にはnoteへの登録と支払いが必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク