スポンサーリンク

けものフレンズ8話感想その2:PPPライブ会場と新たなラッキービースト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

諸注意

けものフレンズ8話感想その1:みずべちほーとPPPライブ
【冒頭 みずべちほーへ】 しんりんちほーを出発したかばんちゃんとサーバルは、新たなちほーであるみずべちほーにやってきました。 サーバル:ここがみずべちほーかぁ・・・。 かばんちゃん:...

スポンサーリンク

【Aパート PPP(ペパプ)ライブ会場へ】

みずべちほーの水上にかかる大きな橋をジャパリバスで渡ってきたかばんちゃんたちはPPPのライブ会場にたどり着きました。

サーバル:すっごーい!

かばんちゃん:わぁ!立派だね!

サーバル:(大きなスピーカーを見て)何あれ何あれ!あれがどうなるのかなぁ?

かばんちゃん:あれが博士たちの作った「ステージ」かなぁ?・・・すっごいたくさんのフレンズさんたちだね!

サーバル:PPP大人気だね!

ラッキービースト(ボス):・・・あっ。(そばにいる別のラッキービーストに目をやる)

かばんちゃん:ああっ!ラッキーさんがもう一人?

サーバル:そうだよ、ボスってたくさんいるんだよ。ボス、2つもらうね(ジャパリマンを手に取る)。でも珍しいね。同じ場所にボスが居るなんて。

かばんちゃん:そうなんですか?

ラッキービースト:今日はフレンズがたくさんいるからね。

たくさんいるはずのフレンズがまったく描かれない理由

冒頭のシーンでは遠目からしかわからなかったライブ会場の様子を、そばによって確認することができました。サーバルは「フレンズがたくさんいる」と言っていましたが、そのたくさんいるフレンズが映されるのはもう少し後のシーンになります。しかし、映像には映されなくとも、ガヤガヤと複数のフレンズの話し声は聞こえてきます。

このあたり、明らかにたくさんいるフレンズの作画を避けようとする意図が見て取れます。けものフレンズはCGアニメであり、キャラクターは皆個別のCGモデルを動かして描写されています。いくらライブ会場の盛り上がりを描くためとは言え、観客のフレンズを一人ひとり描写していたのでは手間がかかりすぎると考えたのでしょう。

ライブ会場は、「フレンズによって本来の目的で利用されている施設」

サーバルは、ライブ会場に設置された大きなスピーカーに目をつけました。PPPのライブ会場は人間のミュージシャンがライブをするのとほぼ同じ設備が設置されていると考えられます。よって、このスピーカーも普通に音楽やPPPの歌声を増幅する目的で置かれているはずです。

また、かばんちゃんは高所に設置された照明に目をつけました。こちらもステージ上を照らし、舞台に立ったアイドルの姿を明るく映すためにあるのでしょう。

現時点でこのライブ会場については「博士と助手が準備を手伝った」ということがわかっています。可能性として考えられるのは、長い間使われていなかったライブ会場の設備が使えるように修理、準備したということでしょう。もしそうだとするなら、ジャパリパークにはライブ会場を使うようなヒト、フレンズが長らく存在していなかったことになります。

これらについて、PPPの成り立ちや現状にも関わってきますので、後ほど改めて考えてみることにしましょう。

かばんちゃんもサーバルも、ライブ会場のような機械的な設備が揃えられたものを見たことはなかったはずです。特別な目的のための施設、という意味では、さばくちほーの遺跡、へいげんの城、クイズの森といった例が今までにもありました。しかし、以上のような施設はどれも損壊するか機能不全を起こしており、本来の役割とは違う形で使われていました。

そういった意味では、今回のライブ会場はジャパリカフェやジャパリ図書館と同じく「フレンズの手によって元々の機能を維持している施設」に分類されるといえるでしょう。

複数いるラッキービーストとその役割

ここでひとつ、注目すべき出来事が起きます。それは、ラッキービースト(ボス)が複数体ことが確認されたということです。かばんちゃんやサーバルと旅をしてきたラッキービーストのほかに、会場にはジャパリまんを配布しているラッキービーストがいました。

また、サーバル、そしてラッキービーストの台詞によって、以下のような事項が確認できます。

  • ラッキービーストが複数体いることをフレンズたちは知っている
  • ラッキービーストが複数一箇所にいるのは珍しい
  • フレンズがたくさんいると、ラッキービーストが複数集まる場合がある

まず、ラッキービーストが2体いる様子を見ても、サーバルは特に驚く様子が見られませんでした。同様に、会場にいるほかのフレンズたち(ここでようやく、複数のフレンズの姿が背景に描かれます)も、特にこれを気にしている様子がありません。よって、「ラッキービーストは何体もいる」という事実はフレンズたちにとっては「常識」と言っていいことなのでしょう。

サーバルは同時に、「でも、同じ場所に複数いるのは珍しい」と語っています。某テーマパークの某マスコットキャラクターのように、「同じ場所に複数人がいてはいけない」という決まりでもあるのかもしれません。

しかし、それよりも「ラッキービーストはジャパリまんの供給を始め、フレンズたちの世話を行っている」という可能性のほうが高いでしょう。そのためにはジャパリパーク中にくまなく分散した方が効率がいいと考えられるからです。実際、サーバルはジャパリまんを配るラッキービーストから慣れた様子でジャパリまんを受け取っています。おそらく、こうした「ラッキービーストがフレンズに食料を供給する様子」は見慣れた光景なのでしょう。

スポンサーリンク
けものフレンズ
Posted with Amakuri at 2018.3.14
ヤオヨロズ
Amazon Prime videoなら第1話は無料、2話以降は1話\216で視聴できます。
noteでも記事を公開しています(有料含む)

noteの記事はこちら

note(外部サイト)でも記事を公開しています。一部の記事は有料になっており、閲覧にはnoteへの登録と支払いが必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク