スポンサーリンク

オウンドメディア制作に欠かせない「ライティングの基本」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

ライティングは、Webマーケティングにおいて欠かせない技術です。PPC広告、オウンドメディアの記事、メールマーケティングで用いるメールなど、あらゆるデジタルコンテンツには文章があります。文章を作るためにはライティングを行う必要がありますが、ライティングのことをほとんどの方はよくしらないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ライティング=コンテンツの文章を作ること

ライティングとは、Webコンテンツとなる文章を制作することです。「文章を書く」というと、「ただ文字を書けばいいだけなら誰にでもできるのでは?」と思われるかもしれません。しかし、実際にはライティングは高度な技能が求められる専門職です。

ライティングには、次のような3つの工程があります。

  1. コンテンツ仕様を決める
  2. 文章を書く
  3. 文章が仕様に沿っているかチェックする

「オウンドメディアで使う記事が必要でライティングを行う場合」を例にとって、3つの工程を確認していきましょう。

1.コンテンツ仕様を決める

最初に「どんなコンテンツを作るか」プランニングを行います。オウンドメディア制作の場合によくあるのは「記事キーワード」の設定です。オウンドメディアでは読者のほとんどが検索エンジンから流入するので、検索エンジンで上位表示可能なキーワードを調べ、そのキーワードに関連する記事を作る、といった手順を踏みます。

ほかにも、「である調・ですます調」の指定、文中で使う用語の決定などさまざまな仕様を決めておかなければなりません。仕様が厳格であるほど記事のクオリティはあがりますが、執筆の難易度があがってしまうという欠点もあります。

2.文章を書く

コンテンツの仕様が決まったら、いよいよ文章の執筆開始です。読者に伝えたい内容が伝わるように、前後のつながりを考えて文章を書いていきます。

この工程で難しいのは、文章の起承転結をうまくつなげながらも、読んでいて不自然でない文章を作ることです。文章の流れを意識しすぎると、話を本来訴えたい結論に導けなくなることもあります。しかし、結論を意識しすぎると話の流れが強引になってしまい、読者を置いてけぼりにしてしまうかもしれません。うまくバランスを取っていくのが大事です。

3.文章が仕様に沿っているかチェックする

文章が完成したら、仕様に則って正しく作られているかチェックしましょう。この工程には、てにおはの直しや誤字脱字の修正など、通常の校正作業も含まれます。文章が仕様と違っている部分があれば、手直しが必要です。

「作文」と違い、ライティングには明確な目的がある

マーケティングに使われるコンテンツは、何らかの目的に沿って作られます。たとえば、「オウンドメディアの記事」であれば「ターゲット層に当たる読者をメディアに連れてくること」が存在する目的です。ですから、ライティングは「目的にあった文章を作る」という部分が単なる作文と決定的に違います。この違いがライティングという作業のわかりにくさの理由であり、なかなか一般の方に知られていない理由でもあるのです。

Webマーケティングを成功させるためには、ライティングについて理解する必要があります。当ブログでは今後、ライティングに関する記事も増やしていくつもりなので、ぜひほかの記事も読んでライティングに対する理解を深めてくださいね。

スポンサーリンク
noteでも記事を公開しています(有料含む)

noteの記事はこちら

note(外部サイト)でも記事を公開しています。一部の記事は有料になっており、閲覧にはnoteへの登録と支払いが必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク