スポンサーリンク

アニメ感想「けものフレンズの謎」まとめ:4話「さばくちほー」

スポンサーリンク

諸注意

スポンサーリンク

【4話 さばくちほー 考察まとめ】

けものフレンズ4話感想その1:リアリティを持って描かれるさばくちほー
前回記事: 【冒頭 さばくちほーで砂嵐に遭遇する3人】 じゃんぐるちほーを抜け、さばくちほーにやってきたかばんちゃん、サーバル、ラッキービースト(ボス)の3人。ラッキービーストから勧められ、ジャパ...
けものフレンズ4話感想その2:ジャパリバス、砂嵐からの脱出
前回記事: 【Aパート 砂嵐からの離脱を図る3人】 かばんちゃん、サーバル、ラッキービースト(ボス)の3人を乗せたジャパリバスは、さばくちほーにやってきました。その時、サーバルが行く手を遮る巨大な砂嵐を発...
けものフレンズ4話感想その3:「おっ?」と驚くスナネコの初登場シーン
前回記事: 【Aパート スナネコとの出会いと砂嵐からの脱出】 さばくちほーを訪れたかばんちゃんとサーバルでしたが、ジャパリバスが砂嵐を目の前に立ち往生してしまいます。なんとかジャパリバスを動かそう...
けものフレンズ4話感想その4:まあ騒ぐほどでもないスナネコの性格
前回記事: 【Aパート 熱しやすく冷めやすいスナネコの性格】 スナネコの活躍によって、2人は砂嵐を避けて先に進むことができました。「砂嵐に夢中になっていて飛ばされた」と語るスナネコ...
けものフレンズ4話感想その5:スナネコとサンドスターとラッキービースト
前回記事: 【Aパート ラッキービーストによるスナネコの解説】 気になることがあるとすぐ夢中になるわりに、すぐに興味を失ってしまうスナネコの性格について、ラッキービースト(ボス)は次のように解説し...

けものフレンズ4話感想その6:さばくちほーを進むかばんちゃん
前回記事: 【Aパート 岩石砂漠に立ち寄るかばんちゃんたち】 ラッキービースト(ボス):このあたりまでくれば大丈夫。 サーバル:ここも砂漠? かばんちゃん:あ・・・。雰囲気が変わったね...
けものフレンズ4話感想その7:さばくちほーとスナネコの特徴
前回記事: 【Aパート 砂漠の熱で高音になるジャパリバスの床】 かばんちゃん:それにしても、暑いね。 ラッキービースト(ボス):さばくちほーは、寒暖差が激しく昼は40℃を超えることも珍しくな...
けものフレンズ4話感想その8:4話でスナネコと砂嵐が登場した理由
前回記事: 【Aパート スナネコのお家で一休み】 さばくちほーの熱を避けるため、かばんちゃんとサーバルはスナネコのお家までやってきました。 かばんちゃん:ふぅ。 サーバル:助か...
けものフレンズ4話感想その9:近づくスナネコとの別れのとき
前回記事: 【Aパート スナネコ宅の奥の穴からバイパスへ移動】 暑い砂漠の熱を避けて、スナネコのお家に避難したかばんちゃんとサーバル。ジャパリ万を食べながら今後の行動について相談します。 ...
けものフレンズ4話感想その10:遺跡の入口に迫る2人
前回記事: 【Aパート スナネコと別れ、先に進む一行】 スナネコから「奥の穴=バイパスへの入り口」を紹介されたかばんちゃんたちは、バイパスを使って先に進むことになりました。 かばんち...

けものフレンズ4話感想その11:ツチノコの登場と地下迷宮への挑戦
前回記事: 【アイキャッチ スナネコの解説】 4話のAパートとBパートの間に挿入されるのは、「びっぐきゃっとれすきゅー ろーれんおねえさん(あめりか)」による、フレンズの元となった動物のスナネコ解...
けものフレンズ4話感想その12:ほかのフレンズとツチノコが決定的に違う点
前回記事: 【Bパート ツチノコとの初会話】 遺跡の中に入ったかばんちゃんとサーバル。しかし、その直後2人が入ってきた入口は閉ざされてしまいました。2人は新たなフレンズ「ツチノコ」と遭遇します。 ...
けものフレンズ4話感想その13:ツチノコの「心の壁」を崩したサーバルの行動
前回記事: 【Bパート ツチノコを引き留めるかばんちゃん】 かばんちゃんたちの前に姿を現したツチノコは出口を探すよう伝え自分はひとり遺跡の先へ進もうとします。しかし、かばんちゃんはそれを引き留めよ...
けものフレンズ4話感想その14:ツチノコがサーバルにだけ厳しい理由
前回記事: 【Bパート ツチノコを加え、3人で遺跡の出口を探す】 遺跡に閉じ込められ、出口を探そうとするかばんちゃんとサーバルは遺跡について詳しそうなツチノコに同行させてくれるよう頼みました。最初...
けものフレンズ4話感想その15:語られなかったツチノコの秘められた能力
前回記事: 【Bパート 赤外線で危険を回避するツチノコ】 遺跡の奥へと進むかばんちゃんたちの前に、分かれ道が現れました。 サーバル:分かれ道だね。 かばんちゃん:どっちだろう? ...

けものフレンズ4話感想その16:地下迷宮の構造と非常口、溶岩の謎
【Bパート 迷路の構造と塞がれた非常口】 セルリアンを避けるのに役だつピット器官を持ち、出口の方向がわかるツチノコの先導で、かばんちゃんたちは遺跡(地下迷宮)の出口を探します。 サーバル:...
けものフレンズ4話感想その17:地下迷宮でのセルリアンからの逃走劇
【Bパート セルリアンからの逃亡】 地下迷宮の中で出口を探すかばんちゃんたちですが、ツチノコが見つけた出口は溶岩に塞がれていたため別の出口を探すことになりました。その途中、何かに気づいたツチノコが足を止...
けものフレンズ4話感想その18:ジャパリコインとツチノコ・サーバルの漫才
【Bパート ジャパリコインの発見】 ツチノコの機転により、セルリアンから逃れることに成功したかばんちゃんたち。一安心したのも束の間、ツチノコが何かを発見します。 ツチノコ:あっ!うおほほほ...
けものフレンズ4話感想その19:隠し出口を発見するかばんちゃんの推理力
【Bパート 非常口を発見し脱出に成功する】 出口を探して地下迷宮を歩き回っていたかばんちゃんたちは、ついに外からの光を発見します。 サーバル:あっ! かばんちゃん:あっ! サー...
けものフレンズ4話感想その20:地下迷宮とかばんちゃんの正体
【Bパート 遺跡の正体とかばんちゃんの謎】 かばんちゃんが非常口の隠し扉を見つけたことから、3人は地下迷宮から脱出することができました。外に出た3人の目に飛び込んできた光景とは・・・ かば...

けものフレンズ4話感想その21:ラッキービーストによりほぼ判明したかばんちゃんの正体
【Bパート ラッキービーストの目が怪しく光る】 遺跡の出口でかばんちゃんたちと会話していたラッキービーストが、突如猫科の動物が描かれた石版の前に移動をはじめました。石版の前に立ったラッキービーストの目が...
けものフレンズ4話感想その22:ヒトが絶滅している可能性とツチノコの解説
【Bパート ツチノコとの別れ】 地下迷宮の入口まで移動したかばんちゃんとサーバルは、ツチノコと別れて先に進むことになります。 サーバル:じゃあね!ツチノコ! ツチノコ:今日はよかった...
けものフレンズ4話感想その23:泳ぎが得意なアライさんがなぜ溺れたのか?
【Cパート アライさん、フェネック in じゃんぐるちほー】 アライさん(アライグマ):うっ・・・ぷはっ!はぁはぁ・・・!ゲホッ!ゲホッ!ゲホッ!!(川の中から身を乗り出し、橋げたの上に上半身を...

【4話 さばくちほー 総合的な解説】

けものフレンズの各話は、基本的に以下のようなストーリーのテンプレートに沿って展開していきます。

かばんちゃん一行が新しい土地に行く

新しいフレンズと知り合う

未知の問題と遭遇する

かばんちゃんの思いつきで問題を解決する

この構造に4話を当てはめたとき、果たしてどのような解釈が可能になるでしょうか?

かばんちゃん一行が新しい土地に行く

4話でかばんちゃんたちは、さばくちほーという新たなちほーへ向かいました。Aパートでは砂砂漠、礫砂漠、岩石砂漠といった多様な砂漠を経験することになります。

さらにBパートでは、人を楽しませるために人工的に造られたアトラクション「地下迷宮」の内部に入ってしまいます。しかし、そこがアトラクションであるとわかったのは脱出したあとのこと。入ったときは昔造られた「遺跡」と解釈しており、セルリアンから逃れつつ出口を探すというのが後半の大まかな流れです。

新しいフレンズと知り合う

4話では新たなフレンズ「スナネコ」と「ツチノコ」が登場します。スナネコは主にAパートで、ツチノコはBパートで活躍しました。

スナネコは元動物の特徴から「熱しやすく冷めやすい」というキャラクター付けがなされていました。主な役割はかばんちゃんたちを自然な形で遺跡に導くことです。そのためAパートでは(ときには気分屋なスナネコの性格が元で)次々に場面が展開していきます。

そうまでしてかばんちゃんたちを遺跡に進ませたかった演出上の目的は「ジャパリパークの過去やかばんちゃんの正体に繋がる伏線を複数披露するため」です。そのためにはパークやフレンズについて詳しい「案内役」の役割を果たす登場人物が必要でした。

そうした必要性から登場したのがツチノコです。ツチノコは「人前に出るのが苦手」と設定されており、「重要な情報を断片的に話しつつも、決定的なことは言わない」という振る舞いを見せます。これによって、伏線をばらまいてストーリーの深みをましつつも、謎解きのヒントになる情報をうまく視聴者に伝えることに成功しています。

未知の問題と遭遇する

けものフレンズでは、各話ごとに新しい問題が出現しその都度解決されていきます。ただし、毎回問題の性質がそれぞれ違っているという特徴があります。

1話で出てきた問題は「かばんちゃんにジャパリパークの掟=自分の力で生きること、が守れるか?」というものでした。かばんちゃんはそれを「紙飛行機でサーバルを助ける=サーバルに助けられるだけの存在ではない」ということを示すという形で解決しています。

2話の問題は「ジャパリバスの運転席を川の向こう岸まで運ぶ」というもの。かばんちゃんはこれを「川に橋を架ける」という方法で解決し、副次的に「川を渡れないフレンズが困っている」という状況を改善することにも成功しました。

3話の問題はトキとアルパカという「フレンズ化したことで、仲間を失ってしまったフレンズ」が「どうやって仲間を獲得するか」という複雑なものでした。かばんちゃんは「トキに上手な歌い方のコツを教える」、「ジャパリカフェの目印を作る」といったアイデアを提供しましたが、それはあくまで個別のことに過ぎません。本質的にはトキとアルパカに「フレンズになると、ほかの種類の動物とも友達・仲間になれる」と気づかせることで問題を解決したのです。

かばんちゃんの思いつきで問題を解決する

過去の例と比較すると、4話の問題は少し複雑です。Aパートにおいては砂嵐や砂漠の暑さといった問題の直面し、スナネコの協力によって解決に導いています。同様にBパートにおいても遺跡からの脱出(出口の捜索、セルリアンからの逃走)といった危機が訪れ、こちらもツチノコの能力とかばんちゃんの機転によって解決することができました。

これらをまとめると、けものフレンズの4話は「差し迫った危機が訪れ、それをフレンズの能力(元動物の特技)で切り抜けるストーリー」と表現することもできるでしょう。かばんちゃんはじっくり物事を考えて解決するのは得意でしたが、4話では緊急性の高い問題に対しては脆い面も見せています。そうした面をほかのフレンズの協力によってカバーしている、という点が4話の新しい要素だといえるかもしれません。

4話で加わった新要素:伏線による次回以降への影響

しかし、4話ではこれらに加え「将来に関係する伏線」=ジャパリパークから人間がいなくなったのはなぜか?遺跡に残る溶岩の痕跡、かばんちゃんの正体・・・といった次元の異なる問題も出現しています。

従って、表面的には「(かばんちゃんの苦手分野だった)突然の危機を、みんなの特技で乗り越える話」といえるのですが、それだけではなく「将来に渡る新たな謎が提供された話」であるともいえるのです。

これまで、基本的にけものフレンズはほぼ完全な1話完結型で「将来への伏線」自体は何度も登場しているものの、「それらの伏線が将来のストーリーに影響を与える」という要素はほぼ皆無でした。しかし、4話のBパートで出てきた大量の伏線はほぼ回収されておらず、5話以降まで解決を持ち越すことになります。

この「未回収の伏線による、将来のストーリーへの影響」という新たな要素が加わったという点が4話の大きな特徴です。